ユトリクズ雑記

ユトリ世代クズの生き方、考え方のアウトプット

経済的理由で大学進学を諦めるな!凡人こそ大学進学すべき

    f:id:yutorikuz:20191129161816p:plain

 

大学に通うのは多くのお金がかかります。入学金、授業料、生活費などのお金が払えなくて大学進学を諦める人もいます。

しかし、絶対に経済的理由で進学を諦めてはいけません!! 

 

 

 

経済的理由で大学進学を諦めてはいけない

 

経済的理由で大学進学を諦めては絶対にいけません。

一般に高卒の生涯賃金と大卒の生涯賃金の差は3000万以上あるとされています 

大学に4年通っても3000万はよっぽどのことがない限りかかりません。経済的理由で3000万円を失ってしまうのはもったいないと思いませんか?

 

大学には様々な制度がある

 

生涯賃金に差があるとわかっても今現在お金がなければ意味がないですよね。

ですが大学や教育機関は経済的理由のせいで才能の芽を潰してしまわないように様々な制度で支援をしています。

 

奨学金

 

学生を支援する制度の1つに奨学金という制度があります。

これは言い換えれば学生ローンや借金ともいえます。しかしこの奨学金は利子率が他のローンに比べて圧倒的に低いです。

また世帯収入が低い家庭には利子のかからない奨学金が給付されます。

 

奨学金は卒業後に返済が始まりますので大学在学中に返済の心配をする必要はありません。

 

入学金・授業料免除

 

学生を支援するもう一つの制度として入学金・授業料免除という制度です。

国立大学には入学金として20万円程度、授業料として1年に60万円程度の費用がかかります。

私立大学では入学金が30万円程度、授業料が100万円近くかかります。

 

しかしある一定の条件を満たせばこの費用が免除されます。

そのため大学期間中にかかる費用は生活費や雑費のみになるため経済的な不安がある家庭でも大学に通うことができるのです。

 

高卒より大卒のほうが圧倒的に稼げる

 

高卒より大卒の方が生涯賃金に3000万円以上差が出ることはデータで示されています。

この差が生まれる理由として高卒で就職すると昇進と昇給に限界があること、就職できる企業に限界があるからです

 

社会では学歴が重視されています。また企業内にも学閥があり学歴によって一定以上の役職への昇進が困難になる場合があります。

 

そのため個人の能力が優れていても正当に評価されない可能性があります。

逆を言えば学歴があれば個人の能力が優れていなくても一定の評価を受けることができるのです。

 

生きていく上で学歴は必ずしも必要とは言いませんがあれば得をすることが多いです。

なので僕は大学への進学を強く薦めます。

 

おわりに

 

 

僕はかろうじて中堅レベルの大学に通うことができていますが、学歴による差を感じたことが多々あります。

 

中堅レベルの大学でも一流といえる企業への就職はできますが昇進がむずかしかったり研究や開発の職につきにくいという話を聞いたことがあります。

 

そのため学歴は非常に重要になってきます。

学歴さえあればなんとかなります!そんな大事なものを経済的な理由で逃してしまってはいけません!!

 

大学へ進学することは学歴を手に入れる以外にも利点はたくさんあります。大学は人生のモラトリアムとよく言われているように人生の夏休みのような期間です。1年の半分ちかくは休日であり自分の好きなように生活することができます。

 

友達と遊んだり飲みに行ったり、旅行したり。彼女を作って季節のイベントを目一杯楽しんだりたくさんの思い出を作ることができます。

 

大学へ行って後悔することはまずありません。是非大学への進学を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

www.yutorikuz.com

www.yutorikuz.com

www.yutorikuz.com

www.yutorikuz.com

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村